●お問い合わせ:052-753-8876 ●受付時間:午前9時~午後6時(平日のみ)●土日祝の対応:予約制

メニュー

AI・ロボット

AIロボット、ロボット教室・ロボットショー

AI/ ロボット技術を身近に

タッチは20年以上にわたり、お客様のITパートナーとしての実績を積み重ねてきました。
現場をよく知るタッチだからこそ、最新技術を社会とつなげ、気軽に柔軟に活用するサポートが可能です。

ロボットが社会全般に浸透し活躍する社会がすぐにやってくる、そんな未来への第一歩としてまずタッチが導入したのは、二足歩行ロボットのNAO。
可愛らしさ、親しみやすさ、多彩な動きで、ロボット技術が身近で楽しいものであることに気づかせてくれます。

NAOとの出会いが、皆様にとってもロボットと一緒に過ごす社会との出会いのきっかけの一つとなるよう、タッチはロボット技術の活用の可能性を広げていきます。

NAOの紹介

NAO画像

NAOは、世界で最も普及しているヒューマノイドロボットです。

愛くるしい表情と親しみやすい雰囲気を持つ一方で、本体には、カメラ、マイク、ソナー、タッチセンサーなど多くのセンシングデバイスが搭載されており、人の話す言語、顔や表情を認識し、聞く、話す、動くなどインタラクティブなコミュニケーションを行うことができます。
また、慣性ユニットでバランスを保ちながら、複数の関節が連動して可動し、二足歩行、起き上がる、踊るなど様々な動作が可能です。

NAOの最大の特徴は、高機能なロボットでありながらプログラミングによるカスタマイズを簡単に行えるところにあります。
展示会で客層や展示内容に合わせたアトラクションを行ったり、イベント毎に最適なプレゼンテーションにカスタマイズしたりと、ニーズに合わせて柔軟に活用することが可能です。

NAOがお客様との接点となることで、インタラクティブなコミュニケーション、それによるデータの収集など、愛らしいロボットであるからこそできる新しいプロモーションの実現をサポートします。

事例1

展示会でのプレゼンターに

イベント毎にプレゼンテーションの内容や動きを事前にカスタマイズするだけでなく、イベント開催中にその場でプログラムを変更し状況に応じた言動させることも可能です。タッチでは、利用目的や業務内容に応じたカスタム・アプリケーションの開発を行うだけでなく、NAOとプログラム変更に対応できるスタッフが一緒にイベント参加することもできます。

事例2

ロボットショーでの活用

NAOが動き、インタラクティブにコミュニケーションをすることで、会場が笑顔に包まれます。片足で立つ動作もある高度なダンスをすると、時には転び自分で立ち上がる姿も見られます。お子様でも簡単にプログラミングしてロボットを動かすことができるので、プログラミング体験をショーと組み合わせることもできます。

使う側から作る側へ 知識と活かす力を培う教育

プログラミング教室画像

NAOは子供向けプログラム学習といった教育分野でも活用されています。

ビジュアルプログラミング環境が用意されていて、誰でも簡単にプログラミングを体験できるからです。プログラミングしてロボットを動かし、「プログラミングは楽しい!」と直感する、そんなプログラミングの第一歩にNAOは最適です。
プログラミングへの垣根をなくし、自分たちに最適なしくみを作り出すことは、これからますます情報技術の活用を迫られていく社会人にとっても、基本的なスキルとしてさらに重要になっていきます。

NAOを利用してプログラミングを学ぶメリット!

  1. ・ロボットを動かしてみたい!という欲求がプログラミングへの興味を誘います。

  2. ・直観的に操作できるビジュアルプログラミングツールにより、プログラミング教育のもっとも重要な要素である「論理的思考」が学べます。

  3. ・二足歩行やダンス、画像認識や音声認識まで可能な高機能ロボットを使用することで、創造力が掻き立てられ、自分が作成したプログラムでロボットが動くという喜び、高度なテクノロジーが身近なものであるという実感を感じられる。

ビジュアルプログラミング言語:「Choregraphe」

NAOの開発環境「Choregraphe」は、GUIをベースに作られています。

Choregrapheの画面上では、動作を定義したボックスを、ドラッグアンドドロップしてボックスとボックスを繋いでいく、ビジュアルなプログラミングが可能です。
あらかじめ用意されたボックスを組み合わせることで、NAOの様々なアプリケーションを作る事ができます。